恋愛小説歌词_恋愛小説LRC歌词_演唱いきものがかり

经典歌词大全 编辑: www.zgbjtw.com

1、恋愛小説歌词

恋愛小説

いきものがかり

i

「恋愛小説」

作詞∶水野良樹

作曲∶水野良樹

歌∶いきものがかり

「最後に会えてよかった」

あなた優しすぎるのね

悲しい嘘をつけばいいのに

つらい言葉で抱き寄せた

駅にはひとりで行くよ

鍵は部屋に置いたまま

いつもその手を離せなかった

もう甘えられない

恋もはじまりがあれば

終わりがあると知っていたけど

雨が消してしまうのかな すべてを

ひらり ひらり 夢を 見てた 春が愛しくて

サヨナラ忘れられないひと

思い出にできない 心つよく震えて

あなたに伝えられるのかな この恋の終わりを

わたしは 今 泣いてる 「愛してる」

ふたりではじめて会った

風が生まれたあの道

少し寒くて肩を寄せたね

細い指を抱いてくれた

笑顔で終われるのなら

幸せな結末でしょう

ふたり重ねた時間(とき)が止まるの

もう戻れはしない

無垢な子供みたいにただ

ときめきだけにじゃれていたね

いつか大人になったこと 気づいて

ゆらり ゆらり 想い 消える 春が悲しくて

サヨナラ忘れられないひと

もう会うこともない 声が空に消えてく

わたしは信じられるのかな この恋の向こうを

あなたを 今 みつめた 「愛してた」

サヨナラ忘れられないひと

あなたのいない日々 春をひとり生きるの

あなたに伝えられるのかな

この恋の“それから”を

わたしは 今 言えるよ 「愛してた」

lrc by vine (c)

終わり

2、恋愛小説LRC歌词

[ti:恋愛小説]

[ar:いきものがかり]

[al:i]

[by:vine]

[00:00.21]「恋愛小説」

[00:03.21]作詞∶水野良樹

[00:06.21]作曲∶水野良樹

[00:09.21]歌∶いきものがかり

[00:12.21]

[00:15.21]「最後に会えてよかった」

[00:19.06]あなた優しすぎるのね

[00:22.87]悲しい嘘をつけばいいのに

[00:26.69]つらい言葉で抱き寄せた

[00:30.56]駅にはひとりで行くよ

[00:34.41]鍵は部屋に置いたまま

[00:38.18]いつもその手を離せなかった

[00:42.07]もう甘えられない

[00:46.46]

[00:47.42]恋もはじまりがあれば

[00:54.92]終わりがあると知っていたけど

[01:02.63]雨が消してしまうのかな すべてを

[01:10.87]ひらり ひらり 夢を 見てた 春が愛しくて

[01:18.86]

[01:19.57]サヨナラ忘れられないひと

[01:25.72]思い出にできない 心つよく震えて

[01:34.81]あなたに伝えられるのかな この恋の終わりを

[01:44.87]わたしは 今 泣いてる 「愛してる」

[01:53.20]

[01:58.87]ふたりではじめて会った

[02:02.71]風が生まれたあの道

[02:06.54]少し寒くて肩を寄せたね

[02:10.41]細い指を抱いてくれた

[02:14.26]笑顔で終われるのなら

[02:18.10]幸せな結末でしょう

[02:21.84]ふたり重ねた時間(とき)が止まるの

[02:25.74]もう戻れはしない

[02:29.85]

[02:31.07]無垢な子供みたいにただ

[02:38.76]ときめきだけにじゃれていたね

[02:46.34]いつか大人になったこと 気づいて

[02:54.51]ゆらり ゆらり 想い 消える 春が悲しくて

[03:02.48]

[03:03.19]サヨナラ忘れられないひと

[03:09.38]もう会うこともない 声が空に消えてく

[03:18.60]わたしは信じられるのかな この恋の向こうを

[03:28.59]あなたを 今 みつめた 「愛してた」

[03:36.48]

[03:58.82]サヨナラ忘れられないひと

[04:05.18]あなたのいない日々 春をひとり生きるの

[04:14.24]あなたに伝えられるのかな

[04:20.52]この恋の“それから”を

[04:24.40]わたしは 今 言えるよ 「愛してた」

[04:32.33]

[04:50.33]lrc by vine (c)

[04:55.33]終わり

[05:03.33]

3、いきものがかり歌手简介

暂无恋愛小説演唱歌手 いきものがかり 简介

4、いきものがかり其他歌词

1 2 3~恋がはじまる~歌词

1 2 3~恋がはじまる~

いきものがかり

1 2 3~恋がはじまる~

「1 2 3~恋がはじまる~」

作詞∶水野良樹

作曲∶水野良樹

編曲∶本間昭光

歌∶いきものがかり

1 2 3 1 2 3 恋がはじまる

1 2 3 1 2 3 キミとはじめる

“かたおもい”は今日でおしまいでいいよね

夢見た笑顔が 夏にきらめいた

my first love story

誰かに伝えたら こわれてしまいそうになる

優しすぎる キミは たぶん 気づいていない

“ともだち”じゃ もう嫌なんだ

キミが笑う 「どうしたんだ?」って言う

あたしは慌てて首を振るけれど

でもね 決めた 打ち明けなきゃ だめだ

世界がふたりだけになる

1 2 3 1 2 3 恋がはじまる

1 2 3 1 2 3 キミとはじめる

“かたおもい”は今日で

おしまいでいいよね

夢見た笑顔が 夏にきらめいた

my first love story

みんなで集まれば いつだってキミは真ん中で

となりの席 行けば もっと 話せるのに

気持ちからまわり シュンとした

ふたりきりで 海へでかけてみたい

そんなわがまま叶うなら 照れるけど

でもね きっと うれしすぎて 泣くよ

世界でいちばんになれる

1 2 3 1 2 3 恋にはしゃぐよ

1 2 3 1 2 3 キミがいるから

はぐれないように つかまっているね

ながめる横顔 夏につつまれた

my first love story

1 2 3 1 2 3 恋におちたよ

1 2 3 1 2 3 大好きなんだ

“ともだち”をこえて ずっとそばにいたい

すなおに言えるよ “こいびと”になりたいよ

1 2 3 1 2 3 恋がはじまる

1 2 3 1 2 3 キミとはじめる

「僕だって 君を 好きだったんだよ」

奇跡がはじけて 夏にのびていく

my first love story

lrc by vine (c)

終わり

ホントウノヒビ歌词

ホントウノヒビ

いきものがかり

笑顔

「ホントウノヒビ」

作詞∶山下穂尊

作曲∶山下穂尊

編曲∶江口亮

歌∶いきものがかり

今見上げた一つの星

いつかの様にそう飛んでった

語りかけた明日に向かい

流れる様にもう消えちゃった

簡単な嘘で ごまかされた

生き方を僕は捨てるんだって

そのとき 曖昧な意味

そんなもんはなくていんじゃない?

ホントウノヒビ 夢見た光

いつかの祈り 叶う日が来るからと

一人一つ投げられたピースを探して

偶然じゃなく 必然でなく

ひたすら祈る 心の中を見てた

そして僕は閉じられた世界の扉を壊して行ける

今出逢えた二つの星

嬉しくなって輝き増した

忘れかけた場所に向かい

誇れる様に歩き出した

本当はいつも怖くて苦し

かった自分を責めるけど

その日々 後悔の意味

そんなことしなくていんじゃない?

続いてく道 明日の出逢い

いくつの願い 辿る日があるからさ

一つ二つ輝やいた夜空にキスして

簡単じゃなく 単純でなく 純粋な愛

そんなものを見つけた時に

僕らあの日々に溢した泪を信じて行ける

ホントウノヒビ ユメミタヒカリ

イツカノイノリ カナウヒガクルカラト

ホントウノヒビ 夢見た光

いつかの祈り 叶う日が来るからと

一人一つ投げられたピースを探して

偶然じゃなく 必然でなく

ひたすら祈る 心の中を見てた

時に人は閉じられた世界の扉を壊して行ける

lrc by vine (c)

終わり

ハルウタ歌词

ハルウタ

いきものがかり

i

「ハルウタ」

作詞∶山下穂尊

作曲∶山下穂尊

歌∶いきものがかり

伝えたくて届けたくて あの日の君へ

いつの日かのサヨナラさえも 胸に仕舞って

空の蒼さに目を細めて何気なく翳した手に

薫る風がそっと横切り季節をまた告げる

口笛をふいに吹いて

風向きが変わるように

少しだけ君は涙して

「明日が少し怖いの」と

呟いた君の横顔だけを見つめてる

伝えたくて届けたくて あの日の君へ

いつの日かのサヨナラさえも 胸に仕舞って

いつか僕ら大人になる そして出逢える

君とここで約束するよ

だから笑顔で だから笑顔で

掴みかけたその掌はひらひらと手を離れて

止まることを知らぬ明日は遠い空へ消える

暗闇の中歩いて手探りの道に見えた

一縷(いちる)の光が在ると知る

言葉をあえて探したら

「希望」の二文字を僕ら一途に選ぶだろう

離れなくて届かなくて そこにあるのは

いつの日にも二人見上げた 空の蒼さで

あの日僕ら胸に残る夢を描いた

だからここで君に祈るよ いつも笑顔で

僕が君にもらったもの

君が僕に話したこと

数えたら星降る夜が始まる

カタチのない想いを今

君の元へ流せば

約束のその場所へ二人を連れて行く

伝えたくて届けたくて あの日の君へ

いつの日かのサヨナラさえも 胸に仕舞って

いつか僕ら大人になる そして出逢える

君とここで約束するよ

だから笑顔で だから笑顔で

lrc by vine (c)

終わり

あしたのそら歌词

あしたのそら

いきものがかり

1 2 3~恋がはじまる~

「あしたのそら」

作詞∶山下穂尊

作曲∶山下穂尊

編曲∶本間昭光

歌∶いきものがかり

「一生懸命なんだよ」なんて言いたくないけど、

「君が教えてくれたんだよ」なんて感謝しています。

泣いて笑って繋いだ手ってのは温かいんだね。

それすら気付かずに生きてたって

ことはもう言わないで。

la la la...

僕から君に伝えたいことはたくさんあるけど、

「何から話したらいいんだろう?」

なんていつも困ります。

あるがままに、ただ素直に言葉を紡ぎたいのに、

伝ったのはキラリの涙。甘くほろ苦い涙。

気づかれぬようにね 笑うけど、

嬉しくて切なくてまた溢れる。

届けたい想いがあるからさ、

喜びも悲しみもいつも共に生きてく。

どこまで どこまでも続く僕らの明日は

簡単なんかじゃないけど、

またその背中を追います。

いつまで いつまでも続く

明日の空を見上げられるよ、

と信じて僕は君の手を引くよ。

一体いつからなんだろう?

僕ら大人になってて、

見えなくなってたいくつもの

夢や希望が在ります。

「しょうがない…」って

諦めたあの時の自分たちに、

何を伝えたならいいんだろう?

何を語ればいいんだろう?

難しいことがさ、あるからさ。

悔しさを押し込めて涙も出る。

苦しさの上にさ、在るものが、

輝いて眩しくて、瞼閉じかけてしまう。

どこまで どこまでも遠く広がる

世界の片隅にうずくまってる、

ちっぽけな僕たちがいます。

いつまで いつまでも強く踏み出したいから、

躊躇いの雨が降ったりしても明日を目指してく。

「一生懸命なんだよ」なんて言いたくないけど、

「君が教えてくれたんだよ」なんて感謝しています。

泣いて笑って繋いだ手ってのは温かいんだね。

それだけを信じて生きてこう。それだけをまた信じてこう。

lrc by vine (c)

終わり

4、猜你喜欢: